モグのん地球散歩〜世界を知りたいお兄さんの世界一周〜

30ヶ国以上バックパッカーとして地球を歩いた旅の情報を自分の視点から発信!

アンナプルナベースキャンプ(A.B.C.)トレッキング①

f:id:mogunon:20200513101446j:plain


ネパールのポカラを拠点にアンナプルナベースキャンプ(A.B.C.)を目指す旅人、ハイカーはたくさんいます。ぼくもその中の一人です。このA.B.C.トレッキングについてお伝えしようと思います。

 

その前に、前回大事なことを書き忘れていました。事前準備でもう一つ、”入山許可証”が必要です!みなさん、忘れないでくださいね!!

ヒマラヤは国立公園なので、ネパールの許可を取ってますよー、という証明が必要になるんです。トレッキングを始める際にチェックポイントのようなものがあるんですが、そこでこれを持っていないと罰金を取られますので必ず取得しておきましょう!

 

それでは取得方法です。許可証は2種類。TIMS(trekkers Information Management System)と呼ばれる物と保護区入域許可証のACAP(Annapurna Conservation Area Project)です。TIMSがUS20ドル、ASAPが2000Rs(現在は2260Rs?らしい)。日々、ハイカーが増えていて価格が変わっていくので正確な金額は調べてみてください。

それから発行するのに証明写真とパスポートが必要となります。証明写真は許可証を取得するところの近くで撮ってくれます。

f:id:mogunon:20200520085211j:plain

f:id:mogunon:20200520085214j:plain

ポカラの地図。赤い星がオフィスの場所です。

許可証を発行できる場所は、ツーリストバスターミナルの近くにあります。中心部からはすこし離れていますが、歩いて行けなくもないです。歩くと30分かからないくらい。もちろんタクシーでも行けます。バスはちょっとわからないです。忘れずに取得してください!!

 

 

トレッキングは宿の人に交渉して、登山口の近くまで送ってもらえます。ぼくたちはバスとほぼ変わらないくらいの価格で送ってくれました。ここは交渉次第です。

 

 

ナヤプルに着いたら宿のおっちゃんとバイバイして、登山口へと向かいます。

f:id:mogunon:20200520093335j:plain

ナヤプルの町は小さな町で、トレッキングに来るハイカーを迎え入れる町、といった雰囲気です。ここで、飲み物や、簡単な登山用具も買うことができます。

ぼくたちは準備は済んでいたので、そのまま町を突っ切ります。

進んでいくと、看板が見えてきます。

f:id:mogunon:20200520093814j:plain

f:id:mogunon:20200520093925j:plain

いよいよ登るんだな、という気持ちがこみ上げてきます。ここで、隣にある小屋の中で待ってる人に、許可証を見せます。スタンプを押してもらったら登山が始まります。

 

 

ここから約1週間のトレッキングスタートです!!

f:id:mogunon:20200521083947j:plain