JPさんの地球散歩〜世界一周旅行記〜

30ヶ国以上バックパッカーとして地球を歩いた旅の情報を自分の視点から発信!

初めてのヨーロッパへ。。。

約3ヶ月半旅したアジアを離れて、ヨーロッパへと向かいます。ぼくがインドから向かった先はギリシャ。本当はトルコ経由で陸路から行くつもりでしたが、前回の記事に書かせてもらった通り、イスタンブール空港でのテロにより入国できなかったため、空路で向か…

ヨーロッパ編突入!の前に、、、アジアを振り返る

ぼくが旅を初めて3ヶ月半が経ちました!あっという間にアジアが終わり次はヨーロッパに向かいます。ちなみに本当はインドの後にトルコに入国予定でしたが、ぼくが取っていたチケットの日付の2日前にトルコの空港で爆破テロ事件があり、トルコは断念しました…

インドといえば、、タージマハル!かな?

バラナシを後にして、次の目的地は”タージマハル”のあるアーグラという都市。バラナシからは一度ニューデリーまで電車で戻り、乗り換えてアーグラへと向かいます。 バラナシからニューデリーまでは約8時間ですが、当然のように遅れまして22時発で翌朝6時着だ…

インドのバラナシに馴染んでみる。

今回は、バラナシにいるインド人と同じような日常を体験してみました。つまりインド人の真似です。どんな生活をしていてどんなもの食べてて、何しているのか、探ってみます。 まず、信仰深いインド人の朝は早いです。日が昇る前にガンジス川に集まってお祈り…

ただならぬ雰囲気が漂うインドのバラナシ

インドのバラナシは首都のデリーと西の大都市コルカタのちょうど中間点あたりにあって、ヒンドゥー教、仏教の聖地として知られています。ガンジス川沿いに街が作られていて、ガンジス川と共に生きているインドの象徴的な街です。 このガンジス川、入って沐浴…

列車に揺られてインドのバラナシへ。。。

コルカタから電車に乗りバラナシへと向かいます。出発時間は20時だったけど、結局2時間半遅れて22時半に出発。インドらしさを味わいました。 電車に乗ると通路は狭いですが、エアコンも効いていて快適そう。ちなみに座席にはランクがあって、ぼくたちが取っ…

コルカタ発バラナシ行きの列車へ

コルカタの街はデリーとは違う雰囲気で賑わっていましたが、やはりインドだな、という印象を与えてくれました。 次の目的地である”バラナシ”に向かうために、僕たちは駅へと向かいます。駅の名前はハウラー駅。宿のサンタナがあるコルカタの中心地からバスか…

コルカタの観光地

コルカタはインドでも屈指の大都市ですが、技術が発展している、っていう感じではなく、人が多く集まるといった感じの都市。なので、ビルがずらっと立ち並んでいるわけではなくアジアらしさが残っていて雰囲気はけっこう良い感じです。 車やバイクがたくさん…

インドのコルカタのマザーハウス

コルカタに着いた翌日の朝、ぼくの目的であった”マザーハウス”へと足を運びます。”マザーハウス”とは、かつてこの地で貧しい人たちに手を差し伸べてきたマザー・テレサが拠点としていた修道院です。今でもその意思は受け継がれて、ボランティアをやっていま…

インドのコルカタに潜入!!

コルカタはインドの西側にある大都市です。空港もあり、政治や文化も盛んなインドと言ったら、って感じな街の一つです。そしてぼくがインドに来たかった理由の一つでもあります。ですがその前にここにたどり着くまでの過程をお届けしたいのです!! 実は、ネ…

インドのニューデリーの日常

ニューデリーはインドの首都です。首都なのですが経済の中心は南部にあるムンバイです。ニューデリーには世界遺産も一応ありますが、はっきり言って世界的に有名な観光地があるわけでもないです。ただ、インド一の空港があって人口も多いので人の出入りはす…

自分のペースで理想の美脚へ!?話題のオンライントレーニング、”Kimiオンラインフィットネス”をご紹介!!

痩せたいけどジムに行くのもなかなか続かない、仕事が忙しくてなかなか時間が作れない、コロナ禍で人が集まるところは避けたい。そんなアナタに話題のオンライントレーニング、”Kimiオンラインフィットネス”をご紹介します!!リアルタイムじゃないので自分…

ニューデリーの生活 〜インド〜

本格的にインドでの生活が始まりました。まずは宿探しから。 泊まったホテルの裏側にメインバザール、いわゆるバックパッカー街があったのでまずはそこへと向かいます。 ここがメインの入り口です。屋台がたくさん並んでいます。トゥクトゥクもたくさん待機…

いざインドへ!!

インドと聞いて、皆さんはどんなイメージを持っていますか?人が多い、めっちゃ話しかけられる、汚い、カレー、なんかすごい、、、 そんなイメージでしょうか? 結論から言うとほぼ正解ですが、それだけじゃないです! もっっといろんな魅力がつまった国なん…

ヒマラヤを眺めて

ベースキャンプで夜を明かし、朝5時に目覚めて外へ出てみる。 まだ薄暗い中、少し登りその暗闇から山が顔を出すのを待ちます。ここには賑やかに話す人の声や車が走る音みたいな都会の喧騒などあるわけがなくて、たまに風の音がする以外は静まり返っています…

アンナプルナベースキャンプにて

4日間歩き続けてようやく辿り着いたアンナプルナベースキャンプ。着いた日はあいにくの天気で、あたり一面霧に覆われていました。霧というより雲なのかな?まあとにかく景色は真っ白。 人類が初めて8000m級の山に到達した場所がこのアンナプルナらしいです。…

アンナプルナトレッキング⑤

登り始めて4日目。今日はついに目的地であるA.B.C.にアタックします!! と言っても、もう距離はそんなにないようなので、焦らず急がず景色とトレッキングを楽しみながら登っていきます。 まだ少し薄暗い中、登り始めます。。。 標高もだいぶ上がってきたの…

アンナプルナトレッキング④

3日目。天気は申し分なし。さらに山の奥深くへ、ベースキャンプを目指して進んでいきます。 3日目になると、道もだんだんと落ち着いてきてひたすら登っていくような道になってきます。川や滝もすこしづつ見えてきて、自然も楽しめます。 流れている水はおそ…

アンナプルナトレッキング③

アンナプルナトレッキング2日目。 昨日の疲れはそんなに残らず、今日も元気に登れそうです。 ガンダルクは山中にある集落の中でも比較的大きめの集落のようで、家がたくさんあります。建物はほぼ煉瓦造りです。 こういう道は迷路のようで何か楽しいです。 こ…

アンナプルナトレッキング②

登山の最初はみんな意気揚々とするものですよね?これからどんな景色が見れるんだろう、どんな道があるんだろう、絶対登り切るぞ!そんな思いを抱きながらぼくも登り始めました。 アンナプルナトレッキング(A.B.C.)は登り始めは日本のほとんどの山と同様に…

アンナプルナベースキャンプ(A.B.C.)トレッキング①

ネパールのポカラを拠点にアンナプルナベースキャンプ(A.B.C.)を目指す旅人、ハイカーはたくさんいます。ぼくもその中の一人です。このA.B.C.トレッキングについてお伝えしようと思います。 その前に、前回大事なことを書き忘れていました。事前準備でもう…

ポカラの町でポカラ湖に浸る

カトマンズからポカラへトレッキングのために上陸! ポカラのバスターミナルで出会ったマサルさんと合流して情報収集しに町を歩きます。 ポカラの町はお店が立ち並ぶ湖畔沿いの通りが一番賑わっていて、その通りから道を1本中に入ると住宅やらゲストハウスが…

トレッキングの拠点、ポカラ

ネパールの首都、カトマンズから140km離れた町、ポカラ。ここはヒマラヤ山脈の麓町としても有名です。ネパールに来た目的の一つはトレッキング。なので拠点となるポカラへと向かいます。 カトマンズからポカラへはバスで向かいます。飛行機もありますが欠便…

ネパールの首都、カトマンズを歩いてみた。

今回はネパールのカトマンズ市内を少し紹介します! 2015年4月に、ネパールに大地震が襲いかかりました。ここカトマンズでも地震の影響はもちろんあり、たくさんの建物が崩壊し、多くの人々の命が奪われました。 僕がカトマンズに訪れたのはその2ヶ月後だっ…

ネパールの首都のカトマンズに上陸!!

インドの北にある国、ネパール。この国で有名なのは何と言ってもヒマラヤですよね。チベットとの国境に沿って7000m級の山が連なっていて、その中でも最も有名なのがエヴェレストです。標高は8848mと世界一の高さを誇る山です。 ネパールの首都はカトマンズ。…

ラピュタのモデル!?カンボジアのベンメリアへ。

カンボジアのシェムリアップにはアンコール遺跡群以外にも有名な遺跡があるのをご存知ですか?”ベンメリア”と呼ばれる遺跡が日本人の間で特に注目されています。巷ではあのラピュタのモデルになった場所なのでは?と言われているようです。一体どんな場所な…

アンコールはすごかった!! 

アンコールワットにいざ足を踏み入れます!! 入り口にいるおじさんにチケットをさらっと見せて中へと進んでいきます。この橋を渡りきると、、、 入り口に到着。ここをくぐった先には、、、 見えました!アンコールワット!結構な大きさなので良くテレビとか…

アンコールワットへGO!!

カンボジアのシンボルといえばやっぱり”アンコールワットですよね?一度は見てみたい世界遺産ランキング第1位にもなったことのある世界中から人が集まるアジア屈指の観光地です。そんな鉄板スポットへ潜入します!! シェムリアップからアンコールまでの手段…

カンボジアのシンボル、アンコールワットの町へ。

カンボジアといえば、、、 やっぱり1番に出てくるのがアンコールワットではないでしょうか? 国旗にも描かれているほど、カンボジアのシンボル的な存在で国全体の経済も大きく支えています。噂によるとカンボジアの国の収入の半分以上はアンコール遺跡群に関…

幻想的な町、ホイアンのランタンフェスティバル

ベトナムの中部にある町、ホイアンでは毎月フルムーン(満月)の日にランタンフェスティバルなるものがあります。この祭り、なんとこの日だけは町の中心街の街灯は建物に吊るされているランタンだけになるんです!なんともロマンチックなお祭りに潜入しまし…