モグのん地球散歩〜世界を知りたいお兄さんの世界一周〜

30ヶ国以上バックパッカーとして地球を歩いた旅の情報を自分の視点から発信!

タイにも温泉があるらしい。

f:id:mogunon:20190619095153j:plain日本には全国どこにでもある温泉。実はタイにもあるらしい。温泉好きの僕としてはいかないわけにはいかない。

調べてみると、タイ国内でもいくつかあるようで、ここクラビーにも”クロントム温泉”と呼ばれる温泉があるみたい。中心地から約50km、アオナンビーチからは約60kmと少し遠いが僕はレンタルバイクで自力で行ってみた。ちなみに車で行くオプショナルツアーだと他の観光スポットにも効率よく回ることができる。

 

バイクを走らせること約1時間半、まずは温泉の近くの”エメラルドプール”、”ブループール”と呼ばれるスポットに立ち寄ることに。鮮やかな色をした天然のプール、というだけあり、海外の観光客だけでなく地元の子連れのファミリーもたくさん。これは期待できそう。

入場料は大人200バーツ、小人100バーツ。タイ人は大人20バーツ、小人10バーツ。あからさまに差がスゴすぎてツッコミどころ満載。でも自分が払うことによって地元の子供達が楽しく遊べると思ったらなんか納得できるかな。

プールまでは遊歩道コースと砂利道のコースがあって、僕は断然面白そうな砂利道コース。雨が降ったら歩けなさそうな道なので迷ったら遊歩道コースを選ぶ方が正解かも。

f:id:mogunon:20190623174504j:plain

 

まずはエメラルドプール。その名の通り、エメラルド!!

f:id:mogunon:20190621124634j:plain

正真正銘の天然のプールです!きれい!!大きい!!子供達が気持ち良さそうに泳いでます。なんてったって水がきれい。透き通った水は水中でも視界がはっきりするほど。

ちなみに天然プールなので脱衣所のようなものはありません。水着に着替える人は事前


に着替えて来た方が良いと思います。現地のタイ人はみんな服のままドボン!僕もノリで服のままドボン!最高に気持ちいい!!

プールの近辺の岩は炭酸カルシウム?の含有量が多いためヌルヌルしていて滑りやすいので転倒注意。サンダルで歩くときも気をつけて。

ひと泳ぎ済ませたらさらに奥にある”ブループール”へ。エメラルドプールから歩いて10分ほど。緩やかな山道のような道を歩いていく。f:id:mogunon:20190621131204j:plain

 鮮やかなブルーのプールというよりは池みたいな感じかな。その名にふさわしい信じられないくらいブルーで、本当にうっとりするような景色。こちらはかなりの深さがあるようで遊泳は禁止。またこのブループールは手を叩くと音に共鳴して水面が揺れたり、水面に浮き上がってくる気泡のスピードが上がったりとなんとも素敵なプール。

雨季の5月〜10月は見学できなくなるので見たい人は11月〜4月がオススメ。

 

次に向かったのはクロントム温泉。エメラルドプールがある場所のすぐ近くにあります。看板も目立つので安心。前の2つも温泉ですがクロントム温泉は私たち日本人に馴染み深い暖かい温泉。

入場料は160バーツ。ジャングルのような道を進んで温泉へと向かいます。

f:id:mogunon:20190623174925j:plain

着いた先はお風呂というかもはや滝。クロントム温泉は滝の上流部分が湯船になっているみたい。もちろん滝だからといって温泉に変わりはない。むしろちゃんと温泉として整備されていないので入り組んだ岩が上手く仕切りになっていて落ち着いて入れるかな。

でも海外の人たちにとって温泉はプールの延長線上のようで、ゆっくり浸かるというよりははしゃいで遊ぶ場所になっています。

f:id:mogunon:20190623175753j:plain


また、滝なので当然滝壺がありますが、この滝は川につながっているので、温泉で暑くなったら川に飛び込めばクールダウンもできる素晴らしい天然温泉。水着は着用なのでお忘れなく。

 

タイのクラビーはビーチだけでなく温泉も楽しめるタイ南部の複合リゾート。(移動距離はありますが)まだ日本人も少ないので海外で日本人には会いたくないなーという人にはオススメ!普段と違った海外旅行が楽しめるかも!